UTF-8のメールの文字化け

2009/9/9

システムから自動的に送られる依頼関係のメールはUTF-8という文字コードを使っています。
入力された依頼内容が、機種依存文字などを使われると文字化けを起こしたりするのを防ぐために、入力からメール送信まですべてにUTF-8を採用いたしました。
この文字コードは日本語を含めた多国語をサポートしていることもあって、インターネットでは一般的になりつつあります。

現在、ほとんどのメーラには対応していますが、最新のメールソフトを使われていても一部文字化けする場合があります。
文字化けされたときには以下をご確認ください。
また、以下にご自分の環境がない場合には、こちらからご連絡ください。


Windowsメール,Outlook Express 6の場合
  1. [ツール]→[オプション]をクリックします。
  2. 「読み取り」のタブから[エンコードの設定]ボタンをクリックします。
  3. 「受信メールに既定のエンコードを適用する」にチェックが入っていない状態にしてください。

 

Outlook2007

データファイルが古いバージョンだと正しく表示されません。

文字化けの解決方法
  1. 文字化けしたメッセージを開きます。
  2. [その他のアクション]→[エンコード]→[西ヨーロッパ言語 (Windows)] などUTF-8以外のものをクリックします。
  3. [その他のアクション]→[エンコード]→[Unicode (UTF-8)] をクリックします。
  4. メッセージを上書き保存します。

 

データファイルのバージョンの確認方法
  1. [メール フォルダ] の一番上に表示されている、今使っている [個人用フォルダ] を右クリックします。
  2. ["個人用フォルダ" のプロパティ] をクリックします。
  3. [詳細] をクリックします。もし、個人用フォルダの形式が "個人用フォルダ ファイル (97-2002)" になっていれば古いバージョンです。

 

データファイルを新しいバージョンにする場合
データファイルを新しいバージョンにすることで、次回から受信したメッセージは文字化けしなくなります。古いバージョンのメッセージなどは新しいバージョンのデータファイルにドラッグすることでコピーできます。ただし、コピーしただけでは文字化けしているメッセージは文字化けが解消できませんので上記の「文字化けの解決方法」を行ってください。
  1. [ファイル]→[データファイルの管理] をクリックします。
  2. 「データ ファイル」 タブの [追加] をクリックします。
  3. 「データ ファイルの種類」で [Office Outlook 個人用フォルダ ファイル (.pst)] を選択して [OK] をクリックします。
  4. 「ファイル名」を入力し、[OK] をクリックします。
  5. [名前] を入力し、[OK] をクリックします。(メールフォルダの一番上に表示される名前になります)
  6. 新規に追加した個人用フォルダが選択されていることを確認し、[既定に設定] をクリックします。
  7. [OK]→[閉じる] をクリックします。
  8. Outlook を一度終わらせてからもう一度起動します。