閉じる
東京ライターズバンク プラチナ人材情報へ
辻田与五郎

成功哲学・血液型と人間関係・健康法・選挙漫談等をテーマに
全国各地で講演・漫談等行なっている話術の達人

辻田 与五郎
■ホームページ
 

http://www.e-456.comを毎日更新している。

■講演に回った都道府県と回数
 

29都道府県 2,500回

■講演先
  自治体 企業 商工会 商工会議所 農協 老人クラブ 女性部 警察署
税務署 自衛隊 ライオンズクラブ ローラリークラブ PTA 福祉施設 病院 ホテル 温泉施設
(刑務所以外、殆どの組織) 
■取り上げてくれた新聞・雑誌
  秋田魁新報 河北新報 名古屋タイムズ 朝日新聞秋田版 読売新聞秋田版
毎日新聞秋田版 日本農業新聞全国版 全国農業新聞全国版 家の光東北版 月刊AKITA アキタビジネスジャーナル 月刊あんどなう
■出演したテレビ・ラジオ
  NHK秋田放送 ABS秋田放送 AKT秋田テレビ TBS 日本テレビ ABSラジオ 山陽ラジオ
■主な講演・漫談の内容
 
  • 私は、舞台に立つのとマイクを握るのが大好きで宴会・結婚式の司会・選挙カーの乗って叫ぶ役(カラス)を数多く体験した。
  • 自分の人生の失敗・成功から学んだことを詳しく説明。
  • 人間には得手不得手がある。得手に人生を賭けるべきだ。
  • 人生は生まれた環境とか条件で決まるのではなく「その人がいつも考えているとおりの人生になる」。
  • 叶うと言う字は口に十と書く。人生はあなたが「口に出した言葉」どおりに動いている。例えば、金がない金がないと毎日言っていると、貧乏神がその人に憑く。
  • 言葉には言霊が宿っている。
  • 宇宙には、人間の念願、希望、選択等、人の心の中に描いたもの(口に出したことば)を受け取り、それを現象の世界に造形する原理がある。
  • 血液型には力関係がある。実在の人物達をユーモアあふれる軽妙な話術で解説。
    [血液型の組合せ]
    A型の人はO型とAB型の人を支配しやすい
    O型の人はB型の人を支配しやすい
    B型の人はA型の人を支配しやすい
    AB型の人はO型とB型の人を支配しやすい
    同じ型どうしは仲がよい時は良いが、対立すると絶対譲りあわない傾向あり
    [組織の例]
    小泉自民党執行部
    総裁:小泉純一郎氏 A型
    幹事長:武部 勤氏 AB型
    総務会長:久間章生氏 O型
    政務調査会長:与謝野 馨氏 B型
    国会対策委員長:中川秀直氏 A型
    官房長官:細田博之氏 B型
    • 4つの血液型が混ざっている理想的な執行部
    • 首相が衆院を解散したくても自民党幹事長の反対で解散出来なかった例が過去に何回かあったが、今回解散できたのは、小泉総裁はA型が一番支配しやすいAB型の武部氏を幹事長に起用したからだと思う。(武部氏は小泉氏の忠実な番頭)
    • AB型が支配しやすいO型とB型を総務会長・政務調査会長に起用した。
    • 血液型から見るとA型の思いとおりの運営が出来る理想的な(独裁的?)な血液型配置
    [対立の例]
    麻生太郎首相(A型)対 小泉純一郎元首相(A型)
  • 薬は草冠にらく(楽)たのしい(楽)と書く。すなわち野菜こそ薬である。
  • 切れる子供は肉が好きで野菜が嫌いな子供。
  • 薬の中の薬がニンニク。
  • ニンニクは美容と健康に良い。
  • ニンニクの効用・匂わないニンニクの食べ方を詳しく説明。
  • 風邪の予防には紅茶で嗽と、ネックウォーマー(首に巻く)をして寝る。
  • 選挙運動期間中の運動員、有権者の行動などエピソードを交え解説。
  • 選挙カーに乗ると人は狂信的になってしまう。
■講演・漫談を聞いた人達の声
 
  • 語尾の発音がよく聞き取れないところがある!
  • 少し早口だ!文節と文節の間に間をとるとよい!
  • 固有名詞が多すぎる!
  • わからない秋田弁が多い!
  • 引き込まれる話術!
  • よく有名人の血液型を調べたものだ!
  • 血液型の組み合わせ当たっている!
  • 聞いていて飽きない!
  • 何回聞いても面白い!
  • 聞けば聞くほど味が出てくる!
  • 叶う」の話を聞き人生が明るくなった!
  • 今日から毎日ニンニクを食べよう!
  • 選挙漫談は綾小路きみまろの漫談より面白い!
  • 腹の底から笑った!
  • 漫談で食べていくことが出来る!
  • 大ブレークする日がきっと来る!
■略歴
 
昭和20年 2月28日秋田県横手市生まれ。
昭和38年 秋田県立沼館高等学校卒業後、家業である農業に従事。
昭和40年 仲間たちとイーグ(農業企業化グループ)を結成し代表幹事に就任。
長野県飯山市でエノキ茸の研修を受ける。
昭和41年 エノキ茸栽培を開始するが失敗の連続。
昭和45年 エノキ茸からシメジ栽培に切り替えるがこれ又失敗の連続。
酒に溺れながらながらも人生とは何か、人間とは何かを知ろうとして数多くの本を読む(例 デール・カーネギー著「道は開ける」ナポレオン・ヒル著「巨富を築く13の条件」等)。
昭和47年 雄物川シメジ組合長
人生哲学、成功哲学を独学し、仲間たちとシメジ栽培に一生懸命取り組む。
昭和51年 秋田県特用林産物経営コンクールで雄物川シメジ組合が優秀賞(知事賞)を授賞。キノコ栽培を始めて10年目にして栽培が軌道に乗りその成果が認められる。
キノコ栽培は成功したが、自分の人生キノコ作りだけの人生かといろいろ思い悩む。
血液型と人間関係に興味を持つ。
昭和52年 農協青年部のある会合で、ある先生の講演を聴く。講演は自分にも出来ると直感。
昭和54年 沼館農協青年部長 雄物川町農協青年部連絡協議会
「血液型と人間関係」をテーマにした講演開始。
昭和57年 下川原集団栽培組合長
昭和60年 沼館小学校PTA会長 雄物川町PTA連絡協議会会長
昭和63年 雄物川町高校生を持つ親の会会長
平成 6年 雄物川町明道塾運営委員長
平成14年 雄物川町農業委員 現横手市農業委員
平成20年 「選挙漫談」開始
  
■詩吟で鍛えた声と各種司会で培ったユーモラスな話術が持ち味
 
  • モットー 人事を尽くして天命を待つ
  • 趣味 詩吟(空城流 雅号は翔城)水泳
  • 特技 各種会合(特に宴会)の司会
  • 尊敬する人物 坂本龍馬
  • 東京スピーカーズクラブ会員
  • 血液型 A型