テレビCMにプロのタレントではなく、アマチュアの出演者を起用する例が増えています。
CM制作会社の話しでは、
(1) 芸達者なアマチュアが多い。
(2) ギャラがタレントに比べて数十分の一で済む。
(3) プロのタレントより、フレッシュなアマチュアの方が訴求力が強い。
(4) どこかで会った感じの出演者だと視聴者が身近な印象を持つ。
などの理由から、アマチュアへの出演依頼がこれから益々増えるそうです。
アマチュア・アーティスト・クラブの会員は、これまでに多くの大企業のテレビCMに出演しています。
たとえば
・ソニー
・スカイパーフェクトテレビ
・アステラス製薬
・ミズノ
・野村證券
・東急グループ
・サントリー
・日本中央競馬会
などに出演しています。

単独での出演が多い中で、プロのタレントと四つに組んで堂々の演技を披露しているアマチュアもいます。

銀髪、落ち着いた雰囲気、重役風、熟年夫妻、迫力・風格のある方、良家の奥様風、リッチな雰囲気を漂わせている方、円満な家族などが好評で、契約延長やリピート出演の依頼が目立ちます。
参考までにアマチュアの出演料は平均15万円、撮影のための拘束時間は半日〜2日間というところ。契約期間中は競合他社のCMには出演しないなどの条件がつきます。


≪問い合わせ先≫
members@masukomi-kakekomi.com